blog 婚活のミカタ

親御さんにできること(パート1)

第一章「アラサーのマイペースで婚活編」

私の話で恐縮なんですが・・・。
かつて私も長い独身貴族(死語)をそれなりに謳歌しておりました。

社会人になりたての頃は一人暮らしに憧れ、家を出ようとしましたが・・親が許してくれませんでした。
親はそのうち、3〜4年たったら結婚するものだろうと思っていたからです。

ところが・・・です!!

私の友人達の結婚披露宴の招待状が続々届く中、私は25歳を過ぎ(当時は25歳を過ぎるとクリスマスケーキに例えられ・・・大変なことでした!)
そして、またたく間に30歳を向かえていました。

さすがに、このままではいけない!!と思った私は婚活パーティーに出掛けたり、親に促され結婚情報サービスに登録してみたり・・・と、今で言う婚活をしていました。

あせりはしていたものの、どこか?のんびりしている自分がいました。

それはなぜか?!

それは親元で何不自由なく暮らせていたからです。

三食風呂付き。

当時はパラサイト・シングルとか言われていました。

そうそう!30過ぎの独身女性は”負け組”とか、揶揄されたものです。

そんな私でしたが、何度か転職するも仕事には恵まれ、色々ありましたが・・なんとか頑張っておりました!

そんな30歳を過ぎた頃・・・・・(第二章「30過ぎ女、家を追い出される編」につづく

次も見てくださいね!!

結婚相談所
JUNブライダル・ラボ

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 頑張るぞ!
  2. IBJキャンペーン画像
  3. コーヒーカップとありがとう
  4. 秋の景色
  5. ジャンプするビジネスマン
  6. 素敵なカップル
PAGE TOP